性感染症-性病-専門クリニック

03-5337-6611 <JR新宿駅近く> 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-10-7 加賀谷ビル3F

当クリニック紹介

clinic

理念・運営方針

一人ひとりの悩みに寄り添いながら、
性感染症の適切な診断・治療に貢献します

プライベートケアクリニック東京は、性感染症(性病)の専門クリニックです。


性感染症は「人と人との接点、プライベートな行為」で生じる病気。

その性質ゆえに、解決への一歩を踏み出しにくい時があるかもしれません。


私たちは、そのような方々を温かくお迎えし、適切な診断・治療を行いながら、皆さまの「性の健康管理」について、一緒に考えてまいります。

医師ごあいさつ

ホスピタリティーの心を持って、
プライベートなお悩みもケアします

プライベートケアクリニック東京
院長 尾上 泰彦
「プライベートケアクリニック東京」へ、ようこそいらっしゃいました。
私たちスタッフは性感染症に真摯に取り組んでいます。

性感染症とは、人と人がであって、初めて生じてくる病気です。これほど人間性豊かな病気はありません。しかしパートナーに迷惑をかける可能性があります。ご心配な方はクリニックに安心しておいでください。

ホスピタリティーの精神を持ってプライバシーに配慮しつつ、貴方の身体と心を癒します。そして、大切なプライベートな悩みをケアいたします。
少しでも、貴方の「性の健康」にお役に立てれば幸いです。
略歴
福岡県生まれ、東京の山の手育ち
日本大学医学部 卒業
日本大学医学部泌尿器科学教室入局
医学博士(学位)取得
日本大学医学部専任講師
宮本町中央診療所開設(院長)
宮本町中央診療所閉院
プライベートケアクリニック東京(院長)
所属学会・資格・役職など
日本性感染症学会(認定医)(功労会員)
日本泌尿器科学会(評議員)
日本感染症学会
日本口腔・咽頭科学会
日本レーザー医学会
川崎STI研究会(代表世話人)
(財)性の健康医学財団(代議員)
日本大学医学部(兼任講師)

受賞・著書(分担執筆)・論文・講演など

  • プライベートパーツの診かた
    アトラスでみる 外陰部疾患 プライベートパーツの診かた
    2010年
    学研メディカル秀潤社
  • 外来皮膚科ER最前線
    単純ヘルペス初感染『外来皮膚科ER最前線 第3章 感染症』
    2011年
    メディカルレビュー社(分担執筆)
  • 日本臨牀 月刊誌2019年2月号
    性感染症を見逃さない―性感染症の診療で遭遇する視診所見一覧―
    『日本臨牀 月刊誌2019年2月号』

講演

性感染症の臨床医としての長年の経験を、他の医療従事者の皆さまにも活かしていただきたく、各学会や研究会、研修・セミナー等にて講演を行っています。



2019年
8月1日
「性感染症に関する話題」
岐阜県性感染症教育研究会 市民公開講座(岐阜)
詳しくはこちら >
2019年
4月20日
”偽装の達人” 梅毒の臨床現場
第2回 神奈川感染セミナー(ニプロ株式会社)(神奈川)
詳しくはこちら >
2019年
4月6日
「特別講演:増加する梅毒と性器ヘルペスの臨床現場」
関東肛門病懇話会(東京)
詳しくはこちら >
2019年
3月24日
「性の健康を考える:梅毒・淋菌・クラミジア感染症の臨床現場」
第12回 コメディカルのための性の健康基礎講座 明日からできる命と生・性の教育(公益財団法人性の健康医学財団)(東京)
詳しくはこちら >
2019年
3月23日
診断に苦慮する再発型性器ヘルペスとその鑑別診断
再発型単純ヘルペスに対するFamvir1日療法アドバイザリー会議(マルホ株式会社)(東京)
詳しくはこちら >
2019年
3月16日
「第15回 川崎STI研究会」
(川崎STI研究会/ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社/アリーアメディカル株式会社)(神奈川)
詳しくはこちら >
2018年
12月27日
「増加する梅毒の動向と臨床現場」
社会医療法人河北医療財団 河北総合病院(東京)
2018年
11月25日
公開市民講座「ストップ!梅毒」
日本性感染症学会 第31回学術大会(東京)
詳しくはこちら >
2018年
11月25日
シンポジウム6「性感染症のパートナーへの対応;私はこうしている」
日本性感染症学会 第31回学術大会(東京)
詳しくはこちら >
2018年
10月28日
「急増する梅毒の臨床現場」
日本臨床泌尿器科医会 第14回臨床検討会 (日本臨床泌尿器科医会/埼玉県泌尿器科医会)(埼玉)

性の健康と正面から向き合う社会へ

医療法人社団 裕志会
理事長 北村 唯一
性の健康の在り方は、時代と共に様変わりしていきます。
今ほど「性」との向き合い方を考えさせられる時代はなく、我々医療従事者は時代に見合った医療サービスの提供を考える必要があります。
国民の価値観が多様化する社会において、性の健康と正面から向き合った生き方や社会の実現、そしてこれらを啓蒙し実践する医療機関が増えていくことを望みます。
略歴
東京大学助教授医学部附属病院分院泌尿器科科長
東京大学教授医学部附属病院泌尿器科科長
東京大学大学院医学系研究科外科学専攻 専攻長
東京大学教授退官
社会福祉法人あそか会あそか病院 院長
東京大学名誉教授の称号授与
財団法人 性の健康医学財団 理事長 ※
医療法人社団 自靖会親水クリニック 院長 ※
医療法人社団 裕志会 理事長 ※
※在職中
所属学会・資格・役職など
東京大学名誉教授
日本性感染症学会 功労会員
日本泌尿器科学会 名誉会員
日本老年泌尿器科学会 名誉会員
米国泌尿器科学会 通信会員
世界泌尿器科学会 会員
公益財団法人 磁気健康科学研究振興財団 理事
特定非営利活動法人 臨床研究の倫理を考える会 オブザーバー

法人概要

法人名
医療法人社団 裕志会
所在地
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-10-7 加賀谷ビル3F
TEL:03-5337-6611
クリニック名
プライベートケアクリニック東京

医療法人社団 裕志会
名称の由来

「性の健康」は、人がゆたか(裕)に生きていく上で、不可欠な要素です。
患者さまのゆたか(裕)な人生を、ゆたか(裕)な心に根ざした医療で支えたい、
そのようなこころざし(志)を持った医療法人であることを表現しました。

ロゴマーク

クリニックロゴの由来

PRIVATE CARE CLINIC TOKYO のP とC を組み合わせ、人と人、人と病、患者と医師、健康と安心・・・など、様々な関係性をシンボル化したデザインです。

行動指針

私たちは、これらの行動指針を守ることによって皆さまを温かくお迎えし、安心して受診できるクリニックを目指します。

  1. ① 笑顔:

    私たちは、常に笑顔で、皆さまに気持ちよく対応します。

  2. ② 清潔:

    私たちは、クリニック内の環境に気を配り、清潔を保ちます。

  3. ③ 癒し:

    私たちは、皆さまの悩みに寄り添い、一緒に考えます。

  4. ④ 信頼:

    私たちは、わかりやすく丁寧な対応で、皆さまの信頼に応えます。

  5. ⑤ 成長:

    私たちは、それぞれの専門領域・担当分野における知識・技術の向上に努めます。

個人情報保護方針

当院では、患者さまに安心して医療を受けていただくため、安全な医療をご提供するとともに、患者さまの個人情報の取り扱いにも万全の体制で取り組んでいます。

詳細ページへ

クリニック情報 - 当クリニック紹介

TOP