STD情報
std

ロゴマーク細菌性腟症bacterial-vaginosis

細菌性腟症について

常在菌のバランスが崩れて、悪い菌が増える病気。おりものの変化に注意!

細菌性腟症とは、女性の腟内の菌(常在菌)のバランスが崩れて起こる病気で、おりものが灰色になったり臭いがしたりします。


細菌性腟症は、トリコモナスやクラミジアなどの性感染症とは違って、特定の菌が原因ではありません。 女性の腟内には、もともと様々な細菌がいて、悪い菌の侵入や増殖を防いでくれているのですが、ホルモンバランスの乱れや腟内の洗いすぎ、疲れなどによって菌のバランスが崩れてしまうと、悪い菌が増え、症状があらわれます。



COLUMN尾上先生からのメッセージ

約半数の人が症状を感じません

細菌性腟症は、腟内の細菌バランスが崩れて起こる病気ですので、性感染症ではありません。特徴的な症状は、おりものの変化ですが、約半数の人が症状を感じないと言われているので、注意が必要です。

特に妊娠中に細菌性腟症にかかると、流産や早産の原因にもなるので、ご心配な場合はぜひご相談ください。

検査について

腟ぬぐい液を顕微鏡で検査します。



検査の時期
普段は見られない菌が多いかどうかを検査します。 おりものの異変や臭いを感じる場合は受診してください。

治療について

腟の中入れるお薬を処方します。使い方をご案内します。



<主な処方薬>
  • クロラムフェニコール(クロマイ)
  • メトロニダゾール(フラジール)


STD情報 - 細菌性腟症

TOP