STD情報
std

ロゴマークHIV感染症/エイズhiv-aids

HIV感染症/エイズ

治療が進歩したおかげで、早期発見によって、エイズの発症を抑えることができます

HIV感染症/エイズとは、身体の免疫力がだんだんと落ちていく病気です。
HIV(エイズウイルス)が感染し、血液の中の免疫細胞にとりついて、長い時間をかけて免疫機能を壊していきます。 数年~10年ほど経って、健康な人なら免疫力で防げるような病原菌が原因で症状が出るようになります。これが「エイズ」です。



感染経路について
HIVの主な感染経路は「性行為による感染」「血液による感染」「母子感染」の3つです。
HIVは、血液、精液、腟分泌液、母乳と言った体液に多く存在しますので、上記のような感染経路が考えられます。 なお、涙、唾液、尿、便などによる感染はありません。


COLUMN尾上先生からのメッセージ

「この症状ってHIV?」と、ご不安な方へ

HIVは、感染して2~4週ころに、発熱・のどの痛み・だるさ・筋肉痛といった、インフルエンザに似た症状が出ることがあります。
性行為の後にそのような症状を感じると、「HIVに感染したかも…」とご不安になる方が多いようです。
しかし、これらの症状は、他の感染症でもよく見られる症状であり、感染しているかどうかは検査でしか分かりません。心配な場合は、ぜひ受診してください。

検査について

血液で検査します。HIV検査には「スクリーニング検査」と「確認検査」の2段階あり、スクリーニング検査で陽性となった場合は、「確認検査」を行います。確認検査で陽性となれば、HIV感染が確定します。
スクリーニング検査法には以下の様に色々な種類があり、ご要望に合わせて選ぶことができます。




スクリーニング検査法
CLEIA法(第4世代)
  • ・HIVの抗原と抗体を調べる検査。
  • ・検査の時期:感染の機会から2ヵ月~
  • ・結果まで:2~3日

即日検査(第4世代)
  • ・HIVの抗原と抗体を調べる検査。
  • ・検査の時期:感染の機会から2ヵ月~
  • ・結果まで:30分

リアルタイムPCR法(NAT検査)
  • ・ウイルスの遺伝子の存在を調べる検査。
  • ・検査の時期:感染の機会から2週間~


確認検査法
ウェスタンブロッド法(WB法)
  • ・スクリーニング検査で陽性となった時、本当の陽性かどうかを調べる検査です。

治療について

HIV自体を身体から排除する治療は現在のところありませんが、治療によってウイルスの量を抑えて、エイズ発症を抑えたり、健康を回復したりできるようになっています。
1日に1~2回、1回1~2錠のお薬を服用します。治療が必要な場合は、適切な医療機関をご紹介します。

STD情報 - HIV感染症/エイズ

TOP