【JR新宿駅近く】 性感染症(性病)の専門クリニック

お気軽にお電話ください
03-5337-6611
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-10-7 加賀谷ビル3F

B型肝炎の症状・検査・治療

hepatitis-b

B型肝炎について

肝炎ウイルスのなかでも感染力が強いB型肝炎。近年慢性化しやすいタイプも増えています。

B型肝炎ウイルスが感染し、肝臓に炎症をおこす病気です。 B型肝炎ウイルスは、感染力が強く、血液やその他の体液を介して感染します。感染経路としては、性行為による感染や、母子感染があります。


症状は、だるさ、食欲がない、濃い色の尿がでる、発熱、黄疸(身体や白目が黄色くなること)などで、感染してから症状がでるまで1~2ヵ月程度かかります。


症状が出るのは感染した人の3分の1ほどと言われ、症状が出ないまま自然に治ることもあります。


急性肝炎として数ヶ月で治る場合もありますが、慢性化した場合は、肝硬変や肝臓がんへ進行することもあるので注意が必要です。


B型肝炎の検査について

血液で検査します。
お急ぎの場合は診察当日に結果がわかる即日検査もあります。



検査の時期
感染の機会から3ヵ月以上経過後~

B型肝炎の治療について

ほとんどの人が自然に治りますので、慎重に経過を観察します。場合によっては、点滴や注射などの治療、入院が必要になることがあります。その場合は適切な医療機関をご紹介します。


COLUMN尾上先生からのメッセージ

慢性化しやすいタイプの欧米型B型肝炎ウイルスが急増しています

B型肝炎は慢性化することはほとんどなかったのですが、近年関東を中心に慢性化し易いタイプの欧米型のウイルスが増えているので、注意が必要です。

診療内容 - B型肝炎の症状・検査・治療

TOP