【JR新宿駅近く】 性感染症(性病)の専門クリニック

お気軽にお電話ください
03-5337-6611
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-10-7 加賀谷ビル3F

11/24(土)は性感染症学会のため休診です

腟トリコモナス症の症状・検査・治療

vaginal-trichomoniasis

腟トリコモナス症について

性行為だけでなくタオルや下着などから感染することもあります。

トリコモナスという目に見えない小さな虫が性器に侵入し、炎症をおこす病気です。 古くから知られる女性に多い性感染症ですが、最近では減少してきています。


症状は、泡状の悪臭の強い黄緑色のおりものの増加や、外陰部や腟の強いかゆみなどが挙げられますが、症状が出ない場合があります。


男性の場合は、症状は殆どありません。トリコモナスは前立腺や精嚢(せいのう)などに住み着き、たまたま尿道にでてくると尿道炎の症状をあらわすといわれています。


性行為での感染がほとんどですが、下着やタオル、浴槽などを通じた感染もあります。



腟トリコモナス

腟トリコモナス症の検査について

男性は尿、女性は腟ぬぐい液を顕微鏡で検査します。



検査の時期
トリコモナスそのものが存在するかどうかを調べるので、感染の可能性のあった日からすぐに調べられます。

腟トリコモナス症の治療について

腟の中に入れるお薬または飲み薬を処方します。使い方をご案内します。
男性のパートナーには、飲み薬を処方します



<主な処方薬>
  • メトロニダゾール(フラジール)





COLUMN尾上先生からのメッセージ

ぜひパートナーと一緒に治療をしましょう

男性は排尿により感染しにくいと言われていますが、男性のパートナーが感染したままだと、ピンポン感染の可能性がありますので、ぜひ一緒に治療してください。当クリニックでは、パートナーと一緒に受診していただけます。


※ピンポン感染…治療してなおっても、パートナーが未治療だと、再感染します。これをお互いに繰り返すことをピンポン感染といいます。


診療内容 - 腟トリコモナス症の症状・検査・治療

TOP