STD情報
std

ロゴマーク性器カンジタ症genital-candidiasis

性器カンジダ症について

女性に多い性器カンジダ症。常在菌が原因ですが、症状がある場合は治療します。

性器カンジダ症とは、「カンジダ」というカビの一種が原因となり、性器に炎症をおこす病気です。

女性に多く、腟や外陰に炎症が起こります。症状は、外陰部や腟のかゆみ、性交痛、排尿障害の他、ヨーグルト状、とうふ状、おから状のおりものが沢山でる、といった特徴的なものもあります。


男性が発症することは少ないのですが、ときどき、亀頭包皮炎として発症することがあります。



カンジダは性感染症?
カンジダは、もともと体内に存在することが多い菌で、必ずしも性行為で感染するものではありません。 カンジダが存在するだけなら、特に治療の必要はありません。カンジダが存在し、痒みやおりものの自覚症状、炎症がみられた場合に、カンジダ症と診断され、治療を行います。


カンジダ

発症のきっかけは?
風邪や疲れ、ストレスなどで免疫力が低下した場合や、抗菌薬(抗生剤)やステロイド剤などを服用した後に発症することが多いようです。

検査について

腟ぬぐい液を顕微鏡で検査します。

治療について

塗り薬、または腟に入れるお薬を処方します。使い方をご案内します。

<主な処方薬>
  • クロトリマゾール(エンペシド腟錠)
  • ミコナゾール硝酸塩(フロリード腟錠)



COLUMN尾上先生からのメッセージ

カンジダが住みにくい環境を

カンジダはカビの一種。ジメジメしたところを好みます。カンジダを発症したら、性器周辺の清潔を保ち、通気性の良い下着を着用するなど、カンジダが住みにくい環境を整えることも大切です。 ちなみに、男性にはカンジダ症は少ないですが、包茎の方の場合は、カンジダが増殖しやすい環境があるため、発症しやすいと言われています。

STD情報 - 性器カンジタ症

TOP